Lente Particolare

Brussels の夜 

№244

相変らずのガレージ写真。
しかし、ここで食べたバケツ一杯のムール貝が忘れられない。
カテゴリー: D-LUX3  |  trackback: 0 | Comments: --  |  edit

Antwarpen Centraal Station №2 

№130

以前にもアップしたような記憶があるが、ちょっと手を加えてみました。
石造りの重厚な部分とは対照的に、鉄とガラスのアーチが近代的な雰囲気を醸し出しています。
歴史の重さと先進性を同時に表現したかったのでしょう。
しかしながら、それらは見事に調和して時代を超越した美しさが感じられます。

Antwarpen Centraal Station №1 

№129

さっき(2月21日土曜22:00)に、”美の巨人たち”というTV番組で、アントワープ中央駅を紹介していた。
そう言えばと思い、古いファイルを探してみた。
残念ながら、D-LUX3 のJPEG 画像しかなかった為写りは今一だが、改めて見てみると確かに美しい駅だ。

ユトレヒトの記憶 

№115

ここを訪れたのは、もう6年も前の2008年8月だったのだと、プロパティの記録を見て驚いた。
そんな驚きと同時に、D-LUX3も、もう発売されてからそんなに経つのかとも・・・。
あれから後継機も矢継ぎ早に発売され、今やD-LUX6へ進化。
今はもう手放してしまったが、なかなか使い勝手の良いカメラであったなどと、今更ながらに思う今日この頃である。
今日もガレージ写真で・・・。

夜の明日館 

№084

いや~約1週間ぶりに熱から開放された。
先週から患っていた夏風邪も漸く出口が見えてきた。
しかし、夏風邪がこんなに酷いものだとこの歳になるまで分からなかった。
結局、盆休みも病気で半分終わってしまった。
まあ、これも体を休めなさい・・・という事なんでしょう。