Lente Particolare

Andiamo a Roma! 

№313

漸く荷造り完了!
まあ、荷造りなんて言えたレベルではない。
下着とシャツ、それに医薬品とコンセント・・・・それだけ。
ざっと、4kg。
いつも預けようと計量台に載せるが・・・一機内に持って行ってくれと言われる。
もしかすると、カメラバッグ?いや、いつも会社に持っていくビジネスバッグの方が重いかも?
色々考えたが、私にとってのカメラバッグはビジネスバッグにインナーを詰め込んだバッグが最適だ。
過去幾度となくこのスタイルで渡欧した。

てなことで、明日からちょっくらイタリアに行ってきます。
今回は、ローマ~シチリア~トランジットでミュンヘンにちょっと寄るかもしれません。
では、行って来ま~す!

伸筋腱脱臼 

№308

あ~やっちまった!
左手負傷。
4月に出張ついでに京都でゆっくりと桜でもと良からぬ計画をしている矢先に・・・・。
いや~、こんな時こそオートフォーカスが生きると言う事か。
しかし、欧州旅行までには治したいものだ。

猫と過ごす盆 

№272

暇である。
やりたい事は山ほどあるのに・・・出来ない。
仕方がないので、猫の写真でも撮ってみた。
上が『はな』で、下が『ふく』である。
テーブルの上の木陰で気持ちよさそうに寝ているところを起こしたので、
なんだよ~と煩さいな~といった顔つきである。
ゴメン・・・おじさんは暇なんだよ~。

山手の洋館 

№266

先週末に横浜出張の折、少し時間があったので山手を散策してみた。
この地には何度も来ているのだが、洋館というものの中に足を踏み入れたことは無く
専ら港の見える丘公園から港を見るだけだったので、今回は数ある洋館の一つエリスマン邸に入ってみた。
この建物の設計は、日本で数多くの有名建築を残したアントニン・レーモンドである。
しかしこの頃の建築は、今見ると非常に手が込んでいると感じる。
そもそも石膏ボードの上から、クロス貼りしただけの現代建築と比べる方が可笑しいとも言えるのだが・・・・。
つまらない出張であったが、ここに来る為だったと思えば有意義な出張だったと言える。
正面の喫茶で注文したコーヒーゼリー・アイスクリーム添えに、舌鼓を打ちながら見下ろす山手の緑もまた格別だった。

カナディアンカヌー 

№265

先週の日曜、何年振りかでカナディアンカヌーを漕いだ。
近くに旧中川という川?殆どフラットウォーターだが・・・。
東大島駅辺りから漕ぎ出して、東京スカイツリーの目の前まで行き、
帰りは別ルートで東京をカヌー散歩。
川から見る東京もなかなかのものであるが、景色を見るより見られる方が遥かに多い気がした。