Lente Particolare

色づく山 

№215

山の標高も2,000mを超えると、もうすっかり紅葉していました。
ナナカマドの美しさは格別です。
負けず劣らず登山者の服装もカラフルです。
しかし、このShort Elmarだが、1930年代のレンズとは思えない様な描写をみせる。

宝剣岳山頂付近 

№214

いや~正直出張のついでなので、こんな岩山に登る様な格好ではなく・・・。
すれ違う人に、『出勤ですか?』と尋ねられました。
すかさず『ええ、今から会社です。』と答えておきました。
まあ、正直誰が見ても会社に行く感じに見えたと思います。
しかし、なかなか命の危険を感じる岩山でした。

登山 

№213

※クリックすると、全体が見られます。

昨日、伊那出張のついで?に千畳敷まで足を伸ばし、宝剣岳に登って来ました。
鈍りきった心と体に鞭打ち、岩をよじ登って来ました。
ブログも気がつけば、広告に乗っ取られ・・・・なんとも情けない状況でした。
千畳敷の草木はもうすっかり色づき、非常に美しかったです。
出張のついでという事もあり、カメラとレンズはα7RにShortElmar50㎜という組み合せのみ・・・
考えてみれば無謀な組み合わせでしたが・・・・まあ、こういう時のスイングパノラマ。