Lente Particolare

今年も一年間ありがとう御座いました 

№238

今年もいよいよ残すところ、後一日となりました。
今日の東京は冬晴れの一日で、カメラ片手に自転車でちょっと出かけてみました。
こんな年末の冬の海は誰も居ないだろうと、葛西臨海公園まで出かけてみたんですが
予想に反して結構な人が居らっしゃいました。水族園も売店ももう正月休みだったんですが、
何故か観覧車だけは営業しておりました。
一年を振り返ってみると、今年ほどカメラを持ち出さなかった年も珍しいくらい写真を撮らなかった年でした。
まあ、無理に撮っても良い写真が撮れる訳でもないので、流れに任せるしかないのですが・・・
来年こそは!と、昨年にも同じ様な事を言っていた気がしますが・・・・
何とか色んな意味で良い年にしたいと思います。

それでは皆様、良いお年を!

Doppeladler 

№237

<Double-headed eagle>
ご存知のとおりHabsburg家歴代君主の墓所である、Stephansdomの屋根に描かれた双頭の鷲。
この写真が存在すると言う事は、どうやらこの塔に上った事があるようだが・・・記憶に無い。

Buon Natale! 

№236

Buon Natale!
私には全く関係の無い日ですが、とりあえずイチゴのショートケーキを食べました。
しかしながら、今日は会社帰りに”いきなりステーキ”で250gのサーロインステーキを食べた後で少々もたれております。
子供の頃にはワクワクしたものですが・・・・はぁ~まあこの年になるとね・・・・

Double-Decker Bus  

№235

何を思ってこの写真を撮ったのか?
イギリスに降り立って最初の一枚である。
やっぱり、この見たことも無いバスに感動し撮ったのであろう。
今ではもうこのタイプは見られないのでしょうね。

Stichting Present Amsterdam 

№234

冬はどうも出不精になっていけない。
暇に任せて昔の写真を見ていると、ここは何処だったのだろう?と思う事がある。
今日の写真もそんな一枚だった。
しかし、今は Google Earth なんて非常に便利なものがある。
早速、オランダまで画面上で出かけて探してみた。
いや~ものの5分で見つけられました。
Herengracht通り が Amstel通り にぶつかる所の橋だった。
30年は経過しているものの、街灯や標識が少し変わっている程度で
街の雰囲気は変わってはいないようだ。

Frankfurt Hauptbahnhof 

№233

先週の日曜、暇に任せて映画を観に行った。タイトルは、『杉原千畝』。
上演間際に入ったが一番後ろのど真中の席が取れた。
大して観客は居ないと思って行ったのだが、まさか真ん中の席が空いているとは、
考えても見なかったのだが・・・中に入って納得した。
通路側の席は、結構埋まっていたのだが真ん中はガラガラ・・・・。
そうです、お年寄りが殆んどだったのです。
ざっと見渡したところ、私が下から2番目ぐらいの年齢だろう。
私もトイレが、2時間30分我慢出来ないくらいになるのであろうか?ヤレヤレ。

ところで、映画は実に考えさせられるものだった。
ドイツ兵やドイツ軍の戦車などが出てきたので、何となく古いフランクフルトの駅の写真を探してみた。
流石に30年の月日が色味に渋みが加わったようだ。

Paris Night 

№232

ネタ切れです。
デジタルでの夜の撮影ばかりなので、古いKRの夜景を引っ張り出してみた。
以前のブログでも、このシリーズをアップしたが少し大きくなるとまた違った感じに見える。
今ではこちらの方が新鮮味があるのかもしれない。
なんだろうかな~?やはり光の感じがデジタルのそれとは違う感じ・・・・。
あ~パリ・・・・行きてぇ~!

コバルトアワー 

№231

今一の写真が続きますが、これが一番駅らしい写真かも・・・。

夕暮れのホーム 

№230

もう少し他に撮るものがあるだろ~。
しかし、静かで雰囲気の良い駅だった。