Lente Particolare

瞳を閉じて 

№108

今回の目的の一つである荒井由実直筆の歌碑に漸く辿り着けた。
何てことは無い石碑であるが、なかなか味のある字だと感じた。
彼女はもともとは、多摩美術大学の日本画専攻であった。絵を描く人は大体字の下手くそな人と
上手い人とに2分される気がするが、どちらかというと上手い方なのであろう。
彼女の芸能活動は在学中からで、記者達がぞろぞろと学内をついて回っていたようだ。
結局、絵の道ではなく音楽の道に進んだ訳だが、芸術系にはそういう人は結構いるようだ。
そう言えば、小室等も彫刻科・竹中直人はグラフィックデザインであった。まあ、彼は音楽の道ではないが・・・
恐らく芸術系の才能は何れにも通じるものがあるのだろう。
話を歌碑に戻すが、実際にここの島に行って景色を見たり、タクシーの運転手に島の子供たちの状況を聞いた後で
再びこの歌詞を読み返してみたが、なるほどその意味は良く分かる。
『瞳を閉じて』 ・・・ 良いタイトルだと思う。

コメント

こういう場所でいろんなことを感じてみると
歌詞の意味するところが実感できるのでしょうね。
それにしてもこれを求めてわざわざ行くというのも
凄いものがあります^^
荒井由実がお気に入りだったのですね。

tullyz  |   | 2014/11/11 19:40 * edit *

tullyzさん
こんばんは。
私の中ではこの曲は、実に琴線に触れる曲でして・・・
いつかは行こうとずっと思っていたもので。
それとそういう目的があると、行く口実が自分自身に出来ると言うこともあります。
こういうわざわざ行かないと、一生行けないような所は特にそう感じます。
しかし、実際にその場に身を置くというのは大切な事だと行ってみると思います。
荒井由実の方が好きですね、松任谷由実より・・・。

sacra-fragola  |   | 2014/11/11 21:44 * edit *

こんばんは
当時の映像を流しながらこの歌詞とSacraさんの想いを感じてこの一枚を見ると実に沁みるものがありました
荒井由美のこの曲リアルタイムでは聞いていませんが、名曲ですね
私も松任谷より荒井時代の方が素晴らしいと思います

書かれているとおりに芸術系大学へ行っておけば…
もしかしたら今頃と勝手に夢見ながら今晩は瞳を閉じようと思います
旅の目的は人様々、理由は当人のみが知ればよい
ですが、その一端を感じることで私は幸せな気分で今夜は眠りにつけそうです

Desire  |   | 2014/11/12 01:36 * edit *

霧が晴れたら小高い丘に立とう
名もない島が見えるかもしれない
良いです。いつ晴れるかわからない霧ですが希望を少し感じました、素敵ですね、ありがとうございます!

ひびき  |   | 2014/11/12 02:02 * edit *

Desireさん
こんばんは。
この詩には、島を離れていった人達への想いが凝縮されてますよね。
この曲は、高校一年の時から聞き続けているので、かれこれ37年以上
ということになります。
未だに色褪せないその詩はやはり本物なのでしょう。
短い詩ですが、一切の無駄が無く、それでいて必要以上に語りかけてくる
素晴らしい詩であると思います。
曲自体も、転調の仕方とタイミングが、彼女の非凡さを物語っている気がします。
島も島の人々も想像通りのとても暖かな人達でした。

sacra-fragola  |   | 2014/11/12 21:26 * edit *

ひびき さん
こんばんは。
>霧が晴れたら小高い丘に立とう
>名もない島が見えるかもしれない

良い詩ですよね。言葉通りではなく、もっと深い所を連想させてくれますね。
それを見抜く ひびきさんも素晴らしいと思います。
こちらこそ、ありがとうございます。

sacra-fragola  |   | 2014/11/12 21:32 * edit *

書き漏れましたが、松任谷由実はラジオで
『カッコいいフレーズが生まれるなら財産なげうっても構わない』
と言ってました。好きですよ♪私も

ひびき  |   | 2014/11/12 23:29 * edit *

ひびき さん
こんばんは。
そうですか・・・そんなカッコいい事言ってましたか。
ポール・マッカートニーもロールスロイスよりもバンドで
歌っていた方が良いと言ってましたね。
お金に困って無い人の発言とも取れますが、
本音だと思いますね。

sacra-fragola  |   | 2014/11/12 23:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://selezione.blog.fc2.com/tb.php/110-63320a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)