Lente Particolare

訃報 

№225

”との君”逝く
昨日、約3年間を共にした我が家のネコが他界しました。
少し前から体調を崩していたのですが、一昨日容体が急変。
昨日14時位に、クリニックから私の携帯に訃報が届きました。
思い起こせば、じっとしていないので写真もろくに撮っていませんでした。
過去の写真を探したら、昨年8月に自宅の2階ベランダを撮っている時に
ちょろちょろと私の周りをうろついていた時の一枚が出て来ました。
しかし、あまりに突然のことでなかなか気持ちの整理がつかない状況です。
やはり、ペットではなく家族なんですね。

コメント

sacraさんを真っすぐ見つめている、素直な瞳ですね.....
このたびは急なことで、なんと申し上げてよいか言葉もありません。3年とはあまりにも早過ぎますね。心からお悔やみ申し上げます。

なかまち  |   | 2015/11/10 05:45 * edit *

まん丸お目々の、赤ちゃんのように無垢で、つぶらな瞳。
すり寄っては離れ、でも向こうでSacraさん、ご家族の様子は全て把握していて・・・”との君”はそんな風に賢く愛らしい猫ちゃんだったのではないでしょうか。
ご家族皆さんの心の中ではずっと一緒にいます。
Sacra さん、元気になってくださいね。

un giorno  |   | 2015/11/10 13:46 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |   | 2015/11/10 16:19 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |   | 2015/11/10 20:48 * edit *

素敵な写真と思ったら、訃報でしたか・・・ 
お悔やみ申し上げます。
3年は短すぎますね。
我が家の犬も認知症が進む中で
だんだん覚悟を決めてきてはいましたが、
急変となると心の準備もできません。
sacraさんの悲しみがいかばかりかは
察するに余りあります。
ご冥福を祈りします。

tullyz  |   | 2015/11/10 23:17 * edit *

お悔やみ申し上げます。三年とは短い年月でしたね!でも、その三年間が素晴らしいものだったに違いないですね・・・・ペットも家族です。ご心痛をお察し申し上げ心からご冥福をお祈りします。

EK63CFV39  |   | 2015/11/11 01:27 * edit *

こんばんは、3年とは…それはさみしいですね。
そうなんです、家族ですよね。玄関開けたら迎えてくれる家族です。
愛のある写真です。素敵な写真が残ってとの君も喜んでいるでしょう。ご冥福を祈りします

ひびき  |   | 2015/11/11 02:41 * edit *

親しんだものがいなくなった後の空間は、本当に大きく感じられますね。 sacraさんや奥様のお悲しみをお察しいたします。

動き回る猫ちゃんに見事なアイキャッチですね。
こんな素敵な写真が残っていて、良かったですね。

izumi  |   | 2015/11/12 02:36 * edit *

それは、お寂しいですね〜。
私も、何度か経験しましたが、都度、辛い想いをしました。
その時は、「もう飼わない」と思ったりしました。
それだけ、完全に家族なのですよね。
きっと、天国で微笑んでいると思います。

taketyh1040  |   | 2015/11/12 22:33 * edit *

こんばんは
うちも2匹いるのでいつかそんな時が来るんだろうなと考えてしまいました
やはり家族です
いろいろいたずらばかりして、気ままに暮らしているモノの
かけがえのないものとの別れは心の整理が大変だと思います
想いと共に永遠に逝かれた先でも自由気ままに暮らしてくれることを祈るばかりです
ご冥福申し上げます

Desire  |   | 2015/11/12 23:03 * edit *

なかまちさん・un giornoさん・最初の鍵コメさん・次の鍵コメさん・tullyzさん
EK63CFV39さん・ひびきさん・izumiさん・taketyh1040さん・Desireさん

皆様、ご心配頂きましてどうもありがとう御座います。
突然の事で、正直気持ちの整理をつけるまでに結構かかりました。
過日11月11日に、近くの動物専門で火葬~供養までして頂ける
お寺がありましたので、そちらで荼毘に付して参りました。
1年間は、個別に納骨して頂けるのでちょくちょく会いにも行けそうです。
どうして生き物に対して、『ああすれば良かった。』とか『もっと早く気がついてあげられたら・・・』
などと、後悔の念が激しく去来するのか?ということを考えていました。
それは、人間との違いが大きいのだと思いました。
つまり、ネコは言葉で人間に伝える事が出来ない為、一方的
に人間の側で気づいてやるしかない訳です。
なので、100%飼い主側が責任を感じてしまう訳です。

幸い、我が家にはもう1匹ネコが居ましたので、随分と気持ち的に救われました。
今後は、残されたネコに対して少しでも後悔が無いよう、気を配ってやりたいと思います。

コメント頂いた皆様方には、励まして頂き本当に感謝しております。
また、個別にお返事しなくてはならない所、まとめてお返事する不精をお許し下さい。
本日を持ちまして、また日常に戻らなくてはと思います。
どうぞ、今後とも宜しくお願い致します。

Sacra Fragola  |   | 2015/11/13 00:44 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |   | 2015/11/13 00:52 * edit *

鍵コメさん
おはようございます。
コメントどうもありがとうございます。
色々考えさせられますね。

sacra-fragola  |   | 2015/11/13 09:25 * edit *

との君、いい顔してますね。幸せな3年間だったことでしょう。
ペットは生活を癒してくれますが、別れがつらいですね。

scottts  |   | 2015/11/20 07:54 * edit *

scotttsさん
こんにちは。
いつも居てあたりまえという状況に慣れていると
本当に寂しいものですね。
漸く慣れて来ましたが・・・

sacra-fragola  |   | 2015/11/20 10:47 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://selezione.blog.fc2.com/tb.php/235-a459fa50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)