Lente Particolare

Incrocio 

№319

さて、Colosseoにもそろそろ飽きて来た頃だと思います。
今回の渡欧は、基本的にAsph.系のメインレンズの他にOLDタイプの球面レンズを3本持って行った。
それは先にも申し上げた通りに、”ある懸念”があった訳だが・・・それは、Romaの劣化というか、近代化の進行具合であった。
日本の様に無節操に近代化を進める国民性ではないとは思いながらも、一抹の不安があった訳で。
新しくなっってしまった街を最新式のレンズで撮ったら、きっと面白くも何ともない写真になるのでは?
という懸念から球面レンズで保険を掛けたという訳です。結果としては、まあそういう部分も有りましたが、RomaはRomaでした。

この一枚は、テルミニ駅近くの交差点で信号待ちをしている人達を撮ったものですが、このShort ElmarはF3.5が開放で決して
明るいレンズでは無いんですが、この絞り値で得られる何とも柔らかいボケ味と立体感は最新式のAsph.レンズとは一味違った
良い雰囲気を醸し出してくれる味わい深いレンズであると思う。
私のShort Elmarは、恐らく1930年代の物であると思われるが、写真を見る限り現役と言っても良いと思う。
そして、このレンズは比類ない軽さと、カメラ本体に収納して持ち歩けるので取り回しが秀逸である。

コメント

なんとも形容しがたいいいボケ方ですね。
そしてこの立体感。ズマリット好きな僕にはアポズミよりも気になります。
このレンズいつか使ってみたいと最近思っています。
仰る通りこれは現役バリバリです。
「ある懸念」が当たらなくてよかったです。

minton  |   | 2017/05/19 21:54 * edit *

こんばんは。
いつも思うのですが、sacraさんの写真には、なんとも言えない臨場感がありますね〜。
ただ写っていたり、工夫したアングルとか言うのでなく、その場にいるように感じさせるものがありますね。
これはレンズ性能とかいうことではなく、撮る人の視点と感性の問題だと思っています。
楽しく拝見させていただいています。(^^ゞ

taketyh1040  |   | 2017/05/20 00:02 * edit *

確かに観光客の服装は現代そのものですが、
周りの雰囲気はやはりローマですよね。
ASPHでもよかったのではと思いますが、
このレンズもいい味を出しています。
どっちを取るかは難しい問題です。
かく言う私も今日はズマロン35mmとsummilux50ASPHを持って出かけました。
summilux35ASPHでなかった理由はsacraさんと同じです^^

tullyz  |   | 2017/05/20 01:00 * edit *

なんと、そういうことだったんですか~。
出発直前までレンズ選択であれこれと考えを巡らせているご様子でしたが、ぼくはてっきり焦点距離の取捨選択だとばかり思ってましたから(というのも、自分の場合はいつもそれしか考えていないので、汗)、sacraさんには出発直前のお忙しい時に、まったくもってトンチンカンなメールを差し上げてしまいましたね。失礼しました(笑)
しかし、そこまで深く考えておられたとは……  恐れ入りました。
それにしても、信号待ちの刹那にこれだけしっかりピントを合わせられるのですから、指の調子は何とか大丈夫だったのですね。^^

なかまち  |   | 2017/05/20 05:59 * edit *

mintonさん
おはようございます。
80年以上前のレンズがこうして今でも現役でいられると言う事を
当時これを手で磨いていた職人たちは想像できたんでしょうかね?
ズマリット好きなmintonさんなら、こういう画はお好きでしょうね。
是非一本。
個人的には、私もウン十万円のアポズミには興味なく、10万円の
こちらを強くお勧めします。

sacra fragola  |   | 2017/05/20 08:50 * edit *

taketyh1040さん
おはようございます。
>いつも思うのですが、sacraさんの写真には、なんとも言えない>臨場感がありますね〜。
 どうもありがとうございます。自分ではそういうことをあまり意識
 していないんですけど、改めて第3者の客観的な目で見て意見
 していただくと、そうかな~なんて自分で思ってる次第です。
人の真似をしてもどこか薄っぺらくて、人には見破られてしまう
ものだと思いますので自分に逆らわずに行こうと思います。

sacra fragola  |   | 2017/05/20 08:55 * edit *

tullyzさん
おはようございます。
ローマはやはりローマなんですね。でも微妙に昔とは違います。
まず、古代ローマ時代の建造物等が酸性雨に侵されて黒ずんだ
状態ではなく、手が加えられて大理石が綺麗になってますね。
まあ、私が最初に訪れた時と比べてはいけませんね。
それから、ライカの場合やはりレンズの神髄は球面に有という
感じも否めないかな?でも、Asph.有っての事ですが・・・・。

sacra fragola  |   | 2017/05/20 09:01 * edit *

なかまち さん
おはようございます。
いやいや、なかまちさん・・・レンズの選択は皆同じですよ。
勿論、焦点距離の取捨選択が第一なんですよ。ただ今回は
それに変な気苦労が加わっただけで、決して的外れな事では
なかったんです。事実、なかまちさんにはズバリと画角を言い当て
られた訳ですし。
左手は何とか動きました。ただ、まだ痛みは続いているんですが
徐々に回復させるしかないですね。

sacra fragola  |   | 2017/05/20 09:05 * edit *

この道の狭い感じ、ローマですよねー!
フィレンツェの修復作業もだいぶ進んでいて、あの二色の大理石が美しく蘇っていました。私などは燻んでいる方が味わいがあるように思ったりするのですが地元人達は修復作業を誇りに感じておられるようでした。考えてみれば尤もなことです。だって痛みは経年劣化の他に車の排気ガスとかを含み酸性が大きな原因なのですから。
壊して新しく建て直す方が余程お金をかけずにすむのではないでしょうか。
それにもかかわらず現代に生きる者としてダメージを与えた事を反省しつつ先人達の文化、遺産を守っていこうとする姿勢が素晴らしいと思います。(その辺り、新大陸のトランプさんはなあ〜....)
コロッセオのアリーナ床も昔のように戻してそれを有効利用しようとしているらしいですね。
同じ意味で80年前(なのですか!)のレンズを大事にされているsacraさんも素敵です。そして感謝です。

un giorno  |   | 2017/05/20 21:36 * edit *

un giornoさん
こんばんは。
Romaは確実に新しくなっていましたが、根本はやはりRomaって
感じでした。過去私が見たRomaは、酸性雨で黒ずんだ大理石や
べこべこの車、小さなBarなどのイメージでした。
一番変わったのは、やはり大理石が白く蘇っていたことですね。
エイジング効果として歴史の重みを感じられた分、過去の方が
やはり重みは有りましたが傷みを放ってはいられませんからね。
Romaにしてみれば、これら遺跡のお陰で観光収入が得られる
訳ですから、やはり大切にするのは当たり前かもしれませんが。
Short Elmarは80年以上前のレンズなんですが、最新式の
カメラで使っても良い仕事をしてくれる気がします。
やあhり、職人が一つ一つ手で磨いたレンズには、人の温もり
が感じられます。

sacra fragola  |   | 2017/05/20 22:25 * edit *

こんばんは
この一枚をみてoldレンズ熱を着火した感があります
欲しいレンズ(試したい)がありすぎるのが玉に瑕です
レンズの懸念、sacraさんらしいなぁと納得しました
そこまで考えて、そして持って行ける人はそうそういませんよ
ところでこのレンズ沈胴させてOKなのですか?
SummarとかSummicronとか基本Leicaはダメだって忠告している様な記憶がありましたけど
あと、ちょっとした疑問ですが、このShort elmarってフード付けてるんでしょうか?
ピントリングも結構使いにくいように感じてたりするんですけど
使い勝手っていかがなモノなんでしょう?
と素人の疑問でした
しかし球面レンズは色々とこの一枚を拝見させて頂いても魅力に溢れていますね

Desire  |   | 2017/05/20 23:02 * edit *

Desireさん
こんばんは。
Leicaの古い比較的暗いレンズは、良く写ります。
私のShortElmar50㎜は、刻印"1"のもので80年以上のOLDで、
一番古い類のレンズだと思います。
ご質問の件ですが、ShortElmarというぐらいで、鏡胴は短く
私のM9-PのBodyにはスッポリと収まります。メーカーとしては
色々なバージョンもあり、沈胴出来るといっても何のメリットも無く
むしろリスクが出るので可能であるとは絶対に言いません。
そういう私としても、これは個人の見解であり、やるのはご自分
の責任で・・・と付け加えざるを得ません。
因みにフードもフィルターも付けていません。
ピントリングは慣れれば結構扱いやすいですし、レンズの頭で
ピント合わせ出来たりします。

sacra fragola  |   | 2017/05/21 00:11 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |   | 2017/05/22 22:07 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |   | 2017/05/22 23:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://selezione.blog.fc2.com/tb.php/329-18e34c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)