Lente Particolare

Carnevale 

№046

コメント

こんばんは。
やはりいい写真ですねぇ..... 3年前に初めてこの写真を見た時の衝撃は今も忘れません。
衝撃は忘れませんが、この本屋さんの名前が何であったかはすっかり失念してしまったので先ほど本家のほうを見直してみて、ああそうだ、『アックア・アルタ書店』というのだったと。偶然ですが、娘が新婚旅行でヴェネチアに行くことになりました。どうせ行くならカーニバルが見たいということで、来年2月に行くそうです。この本屋にも立ち寄るように勧めておきます。^^

なかまち  |   | 2014/03/29 23:12 * edit *

本屋さんの中なのですね。
カーニバルの最中は本屋さんもこんなディスプレイになるのでしょうか?
sacraさんの写真はいつも色彩が美しくて、しっとりとした質感がありますね。 どのレンズの時もそうですから、レンズの特性ではなくて、sacaraさんの光の捉え方によるのでしょうね。
最近、写真を撮る時に、構図をというより光の方向をどういう風に求めようかとすごく迷うようになりました。
sacraさんは、いつもどういう風にしていらっしゃいます?

izumi  |   | 2014/03/30 00:52 * edit *

なかまちさん
こんばんは。
アクア・アルタ・・・覚えておいででしたか?
ここは、サンマルコ広場からはかなり奥まったエリアなので
日本人の姿は余り見かけませんが、私としてはむしろ地元の方々の生活を
見る事が出来て好きなエリアです。
いよいよストックも無くなって来ましたよ。
しかし季節は流れて、いよいよ北海道の冬も終わりですね。
でも一番好きな北海道は、やはり冬なんですけど・・・

sacra-fragola  |   | 2014/03/30 22:56 * edit *

izumiさん
こんばんは。
そうなんです、ここは本屋さんなのです。
奥まっていて、入り口と反対側は運河に面しているんです。
だから、アクア・アルタ、高い水・・・つまり高潮の時は床が水浸しになります。
なので、この店の書物は全て舟に載せてありました。
それ故、店の名前もアクア・アルタなのです。
ところで、光ですか?
余り意識したことは無いんですが、シルエットを狙う以外は、
やはり色が綺麗に出るところを無意識に狙っているような気がします。
でも、何にも考えてなくて撮ってる事が多いですよ~。

sacra-fragola  |   | 2014/03/30 23:02 * edit *

こんばんは
本家のも探してしまいました
しかし素晴らしい
生活の中を感じつつ、狂気の35mmの破綻しそうで破綻のない描写
光の読み方、実に学ぶ点が多い一枚
素晴らしいです(^^)
いつかヴェネツィアを訪れたら絶対にいってみたいと思いますね
しかし35mmASPHはもの凄い写りをします
高いものの後悔がないレンズですね(^_-)

Desire  |   | 2014/03/31 22:53 * edit *

Desireさん
こんばんは。
皆さんお世辞で言ってくれてるだけですから・・・
ごく普通の写真ですよ。
最近全くカメラも持ち出さない日々が続いております。
ヴェネチアって場所は、本当に日常を忘れさせてくれる場所です。
きっと、また行くと思います。
今度は一月くらい過してみたいです。

sacra-fragola  |   | 2014/04/01 22:28 * edit *

こんにちは
本家の方の4-4夜桜感動しました(^O^)/
ショートエルマーでもあんなに撮れてしまう高感度性能と
あの難しいだろう空間を実に満遍なく撮影されていて
関東のサクラを見たことのない私には感動的でした
良いものを見せていただけてありがとうございますm(_ _)m
そちらは夜桜のライトアップなどがされるので本当に羨ましいです(^^;)

Desire  |   | 2014/04/04 12:28 * edit *

Desireさん
こんにちは。
Short Elmar 50/3.5は、沈胴するのでα7Rには最適なレンズです。
私の場合、α7Rに高感度性能を期待している訳ではなく、
解像感がもたらす立体感を期待しています。
因みに、α7RでもアッパーリミットISO1600でしか使いません。
M9であれば、ISO800まで・・・
KRだとASA25とかASA64が普通だったので、ISO160まであれば殆んど実用範囲です。
夜はライトアップに依って、景色が幻想的になりますね。

sacra-fragola  |   | 2014/04/05 09:43 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://selezione.blog.fc2.com/tb.php/47-adc22be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)