Lente Particolare

Myyrmaki Church 

№079

ヘルシンキ中央駅から電車で20分も行ったところに、Myyrmaki Churchはある。
Myyrmaki の駅を降りると目の前だ。
この日は、朝早くまだ教会はクローズ状態であったが、管理人が私に気づき早めに中に入れてくれた。
赤いシャツを着た人は、中の掃除をしている最中であった。
お陰で誰一人居ない教会を撮影する事ができた。おまけに、管理人が気を使ってくれて照明を全て点灯させてくれた。
照明をオブジェにしたそのデザインの美しさもさることながら、何と言っても美しかったのが差し込んでくる自然光だった。
直射日光を巧みに柔らかい間接光に変える、その建築は北欧ならではの感性に依るものだろう。

コメント

D-Lux7が出たら欲しいな〜と思っていますが、D-Lux3でこれだけの絵が撮れるなら、自分のD-Lux4で暫く大丈夫かな?と思ってしまいますw

ひげ  |   | 2014/07/24 23:47 * edit *

ひげ さん
こんばんは。
D-Lux3・・・私は、早々に手放してしまったんですが・・・
後々、現像で何とかなるかと思い、一応RAWデータですべて保存していました。
最近になって、Lightroom5で昔のデータを再現像していますが、やはり数段良くなっている気がします。
D-Lux4をお持ちなら、必要ないと思いますね。

Sacra Fragola  |   | 2014/07/25 00:09 * edit *

こんばんは
素晴らしい、北欧教会って何という荘厳さと現代を融合しているのでしょうか!
建築=芸術と書かれていたと思いますが、これはもうアドレナリン出まくりますね
しかし、凄い空間を作ってしまうなぁ、間接照明と自然光の融合など日本人には思いもよらないですね
なにげにつるされた照明も北欧の薫りに溢れたまりませんね
しかしどれだけ世界屈指の建築を撮り歩かれているか!
この外観はどうなっているのか、想像力が膨らむばかりです
欧州は教会への参拝の時はサービスが良いですよね
パリも良かったです(^^)

Desire  |   | 2014/07/25 00:13 * edit *

Desireさん
こんばんは。
私はまだまだ見たい物だらけで困っています。
最近は全く撮影も出来ない状態なので、昔RAWデータで撮ったものを
再現像してブラッシュアップして、アップしている有様です。
これからの日中はなかなか厳しい季節なので、夕方くらいから活動しようかと・・・
まあ、それもきちんと休めれば・・・の話ですが・・・トホホ。

Sacra Fragola  |   | 2014/07/25 00:27 * edit *

美しいですねえ。
部屋もですが、こんな洒落た形のパイプオルガンも初めて見ました。
清いデザインです。

minton  |   | 2014/07/25 00:28 * edit *

おおっ! さすが北欧の教会です。照明が凄すぎます。
気のせいか、オルガンのパイプも北欧のデザインぽいです^^
わざわざライトを点けてくれたんですね。
点いていなかたらこの素晴らしさは半減していたでしょう。
北欧は貴重な自然光も大切にするのでしょうね。

tullyz  |   | 2014/07/25 00:33 * edit *

mintonさん
こんばんは。
美しいですね~朝の空気も手伝って、現物は本当に心地良かったです。
一般的な重苦しい教会の概念を一新してしまいますね。

Sacra Fragola  |   | 2014/07/25 21:43 * edit *

こんばんは。
息をのむほどの美しさですね。光も造形も....。
こういう洗練された空間に身を置いているだけで生き返るような気がします。

speedstar-dhy  |   | 2014/07/25 21:43 * edit *

tullyzさん
こんばんは。
本当に北欧ならではの教会のデザインだと思います。
照明は、本当にありがたかったです。
こういう明るい教会がフィンランドには沢山ありました。
やはり光が乏しい国ならではのデザインなのでしょう。

Sacra Fragola  |   | 2014/07/25 21:45 * edit *

speedstarさん
こんばんは。
白い色が清潔感を一層引き立てるんでしょうね。
やはり一年に一度は最低でもこういう場所に身をゆだねたいものですね。

Sacra Fragola  |   | 2014/07/25 21:48 * edit *

すごいパイプオルガン!!!!
これまたいい光をあてる造りデスネ!でもキツイ光が射し込んだら撮影が厄介そう…なんて撮影者側から見ちゃいますね♪

ひびき  |   | 2014/07/25 22:36 * edit *

ひびき さん
こんばんは。
確かに立派なパイプオルガンですね。
残念ながら音を聞くことは出来ませんでしたが
きっと良い音が出るんでしょうね。

Sacra Fragola  |   | 2014/07/25 22:46 * edit *

モダンなオルガンで驚きました。
白、グレー、青、と寒色系の色で統一されている空間で、照明の傘がゴールドなのも、またランダムに吊り下げられているようにも見えますが、それらも全て計算されているのでしょうね。
キリスト教徒ではないと、日本では知らない教会へ入って行くのはためらわれますが、西洋では誰でも見せてもらえるのですか?
それにしても、わざわざ点灯して下さった管理人さんは優しいですね。

un giorno  |   | 2014/07/26 00:01 * edit *

un giornoさん
こんばんは。
欧州の教会はどこも一様に寛容です。
日本の場合はその地域の方々、ほぼ顔見知りの人で無いと
何となく入れる雰囲気はないですね。
ある程度有名な教会やある程度の大きさがあれば紛れては入れますが・・・
それでも何となく罪悪感を伴うのは否めません。
欧州などの場合は、大多数の方がキリスト教徒ということだとは思いますが
とにかく入る事への抵抗は殆んどありません。
そう言えば、ここのパイプオルガンの音はCDになって売っていましたね。
買いませんでしたが、今となっては買って於けば良かったかなと?

Sacra Fragola  |   | 2014/07/26 02:43 * edit *

いやいや,しゃれた教会ですね.
照明が天使の遊舞か,雲間より垣間見る神の御光を表してるのでしょうか.
オルガンを鳴らしたときに,この照明群が振動するでしょうからどんな音か興味ありますね.

Neoribates  |   | 2014/07/26 12:05 * edit *

Neoribatesさん
こんばんは、お久しぶりでございます。
北欧の照明は、形そのものも美しく、空間を彩るオブジェになっているんですね。
オルガンが強烈に音を発する時、果してどの様なことになるんでしょうかね?
今度は是非ミサの時間帯にお邪魔してみたいものです。

Sacra Fragola  |   | 2014/07/26 18:58 * edit *

これもまた、いかにも北欧らしい、シンプルな美しさですね。
無駄なものを全て省いた真っ白な空間に、研ぎ澄まされたような緊張感のある信仰の場ですね。
建築の荘厳さで圧倒するような教会とは別の、なんだか精神を追及したような佇まいは日本人の感覚に沿うようにも思います。

空間に浮いたような光の美しさの中に、お掃除の人の赤がとても効いていて、sacraワールド全開ですね。

izumi  |   | 2014/07/27 22:03 * edit *

izumiさん
こんにちは。
最近は撮影も儘ならないので、ガレージから昔の写真を引っ張り出して、
最新の現像で焼き直しています。
しかし、フィンランドの建築ってどこか日本の精神に通ずるところが有りますね。
掃除の人ですが、この白い空間にあって、なかなかビビッドな赤でした。

sacra-fragola  |   | 2014/07/28 11:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://selezione.blog.fc2.com/tb.php/80-14d13070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)